Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

YASUYUKIHIRANO’s blog

日本の俳優

everyday

演じる
ということの見せ方とは何なのか
学ぶ環境に感謝しつつ
他人様の芝居を見ながら気付く
台詞に気持ちが追い付かない時点で
本物の似非が偽物以下になる

この境界線

役が何処にいて誰と絡んでおるのか
流れを意識しながら発せられる言葉を
操作しなくては、観て頂く側に全くもって
伝わらないのではなかろうか
また焦りすぎても疲れるだけで冷めるばかり

役者という仕事は好きなだけでは(また持論だけでは)通用しないことを学ぶ

役者を志す者として痛感する

演技の種類問わず、常日頃から五感を通して感ずるものを多く吸収した者が選ばれるのだというのも納得する

あとは個々の感性・・・

Learning 
Remove all ads